fbpx

dacadoo B2B Blog

 リスクエンジン:スピードと正確さでアンダーライティングをサポート

世界の疾病負荷のリスクファクタートップ5のうち、4つが改善できるライフスタイルだとご存知でしたか? 非感性疾患(NCD)が蔓延する背景には、改善できるライフスタイル(例えば喫煙、運動不足、栄養不足)があることが証明されています。それにもかかわらず、保険会社は現代のヘルスリスクにそぐわない見積もりをしており、アンダーライティングにライフスタイルリスクをうまく組み込めていません。   その結果、生命保険会社や健康保険会社は、従来通りで更新されていないリスクチャートをもとにしており、リスク算定が曖昧です。さらに保険料の算出も正確ではなく、消費者が納得しません。しかもアンダーライティングのプロセス時間は不必要に長く、効率が悪く収益にもつながりません   アンダーライティングのプロセス時間を短縮すべく多くの工夫がなされてきましたが、それは実を結びませんでした。それがきっかけで、私たちはリスクエンジン開発に何年もの時間を分析にかけることに決めたのです。アンダーライティングの改善を手助けできると感じたからです。 アンダーライティングが保険会社の収益とビジネスモデルの中心にあることは間違いありません dacadoo ツイート アンダーライティング担当者に自信を リスクエンジンは、たった4つの情報と80以上のデータポイントで、各個人の60以上の健康に関する数値を見積もります。帰属価値や入力情報が足りない場合は条件付きの値も含まれます。見積もりには死亡率、罹患率、さらに一般的な見積もりでは見られない多くのデータが含まれています。   アンダーライティングに必要な健康情報が提供されるため、肉体的な数値、血液検査の結果、医師の診断書といった追加情報を待つことなく処理を開始できます。顧客フレンドリーかつプライバシーが守られ、安定したアンダーライティングが実現できます。   リスクエンジンは科学的に分析された3億人年以上のデータに基づいています。そのデータをバイオメトリック、疾病診断、家族の病歴、改善できるライフスタイルの4つのカテゴリーにグループ分けし、シームレスなアンダーライティングを行います。 処理が迅速で、しかも ROC-AUCは90.2%なので、アンダーライティング担当者は自信を持ってスピーディに保険証券を発行 できます   高次元モデル、絶対値モデルどちらでも最大の効果が発揮されます。 ダイナミックプライシングの未来 リスクエンジンはデジタルヘルス・エンゲージメントプラットフォーム(DHEP)などが提供するデータを絶えず活用しています。ですから顧客の生き方に合わせたアンダーライティングや、顧客が納得するリアルタイムで妥当な保険料算出といった機能は、アンダーライティング担当者にとって大きなメリットでしょう。 DHEPとリスクエンジン双方を利用することで、顧客獲得と顧客維持に拍車がかかるでしょう。このユニークなウェルビーイングプラットフォームによってお客様のブランドが差別化され、さらに私たちの#WECARE戦略への参加していることが顧客の健康を大切に考えていることの証となるからです。   リスクエンジンの詳細は動画を御覧ください。無料のデモのリクエストはこちら。

Read More...

アジアにおける民間健康保険―今が変化の時

“2020年の終わりまでに300万人近くのアジア人が健康保険を積極的に探した”―最近行われたある調査で分かったことです。300万という数字はずいぶん多いと思うかもしれません。しかしアジアの全人口460億人のごく一部に過ぎません。 医療コストは増加の一途をたどり政府がCOVID-19の影響に苦しむ中、健康保険会社にとっては今がチャンスです。つまりアジアにおける医療保障への不信感を払拭し、着実な成長プランで顧客を増やすチャンスです。さらにCOVID-19で勢いを増した長期的な展望が指し示しているのは、“保険会社は、自分の存在、そして価値のある提案をどのように再構築すべきか?”これはまさに“ウェルビーイング”という一語に集約されていると言えるでしょう。 現在多くのアジアの保険会社が抱えている問題は、死亡率と罹患率に囚われすぎていることです。目の前の顧客のニーズや期待を真に理解して関係を築くことよりも、昔ながらのリスクチャートを眺めているだけで視野が狭まっています。顧客中心という考え方は今や定着しています。ですから予防ケア・ウェルビーイングプログラム・疾病予防といった、理解しやすく価値のある提案ができるよう、アジアの保険会社は自らのマインドセットの方向転換を考えるべきです。 Amazonが顧客中心主義で小売業に革命を起こしたように、保険サービスのあり方も大きく変わりつつあります。 ツイート これは統合化された保険オペレーターの誕生を意味します。顧客中心で、これからの顧客のデマンドに見合ったデジタルヘルス・エコシステムを提供し、顧客との信頼を築くオペレーターです。顧客の継続的なウェルビーイングに重点を起き、幅広いサービスを提供し、オンラインとオフラインのエンゲージメントを伴う終始一貫したカスタマージャーニーを構築する。これが保険会社が成功をつかむ鍵です。 ウェルビーイングという重要で価値のある提案を可能にするために、必要な機能を社内で構築するか、購入するか、誰かとパートナーシップを結んで手に入れるか?保険会社は慎重に考える必要があります。パートナーシップは新たな顧客獲得の源となり、価値ある提案の拡大につながるかもしれません。さらに新たなデジタルエコシステムをマーケットにローンチするまでの時間もずっと短縮できるでしょう。 付加価値のあるデジタルヘルスサービスを提供し、顧客やステークホルダーと多くのタッチポイントを構築する保険会社が、これからの10年成功と成長を続けるのです。デジタルヘルス・エンゲージメントプラットフォーム(DHEP)を導入することで、保険会社が得られるベネフィットです: 保険契約者を健康的なライフスタイルへ促します。つまり疾病予防、症状改善、慢性疾患の管理、ライフスタイルを原因とする健康リスクの軽減につながります。 もっと顧客と気持ちがつながります。患者、保険提供者、給付金を払う人というだけの事務的なコミュニケーションが、総合的なケアへと進化し、健康観察の結果を有効に活用することもできます。 デジタルツールがリスクを判断しコストを削減します。DHEPと科学的な根拠に基づく健康リスクの数値化ソフトウェアによって、ライフスタイルの一つ一つが動的に保険料(Pay-As-You-Live)に反映されます。このソフトウェアはアンダーライティングの迅速化も実現します。 デジタルツールはブランド力と信頼度をアップさせます。DHEPは保険会社の既存のITインフラにシームレスに統合できる、優れた設計です。さらに保険会社独自のブランドやカラーにカスタマイズできます。 そこでdacadooの出番です dacadooは健康保険会社と生命保険会社に幅広いソリューションを提供しています。デジタルヘルス・エンゲージメントプラットフォーム(DHEP)は、行動科学の専門家が監修した、意欲を起こさせるテクニックを採用しています。受賞歴のあるヘルススコアプラットフォームはホワイトラベルまたはAPIで利用でき、さらにオートコーチングが各ユーザーにカスタマイズされた方法でユーザーの意欲をかきたてます。保険契約者の健康を改善し、保険会社の時間とお金を節約する、まさにウィン・ウィン ソリューションです。 加えて、ユーザーの健康を数値で評価する健康リスクの数値化システムは、アンダーライティングをも迅速化します。ヘルススコアテクノロジーのトッププロバイダーとして、私たちは3億人年の臨床データに基づいたテクノロジーを提供しています。 dacadooの詳しい情報はこちら。デモはこちらからリクエストしてください。   無料のホワイトペーパー “統合化された保険オペレーターのレポート” のダウンロードはこちら。

Read More...

Upcoming dacadoo Events